iTunesのファイルメニュー

iTunesとiPodの使い方
iTunesとiPodの使い方
iTunesリンク

---iTunesでダウンロード---

 iTunes Music Store(Japan)

ホリデーシーズン



 iTunes Store(Japan)

ラブソング・リスト


最新情報
 iTunes Store(Japan)

今なら無料でダウンロードできます



 iTunes Store(Japan)

最新のiTunes情報


ダウンロードサイト

---最新曲をダウンロード---

OnGen USEN MUSIC SERVEROnGen USEN MUSIC SERVER

音楽ダウンロードを始めるなら『OnGen』OnGen




ネットでレンタル

---CD・DVDレンタル---

DMM.comDMM.com
space30.gif

動画を楽しむならDMMDMM



TSUTAYA DISCASTSUTAYA DISCAS

TSUTAYA DISCASTSUTAYA DISCAS


動画ソフト
---動画再生・エンコードソフト---
RealPlayerRealPlayer

RealPlayerRealPlayer



ゴムエンコーダーゴムエンコーダー

ゴムエンコーダーゴムエンコーダー


iTunesのファイルメニュー

iTunesには多くの機能があります。
そのほとんどはメニューバーから可能ですので、メニューバーの使い方さえ覚えておけば問題ありません。
ここでは、Macでの操作で紹介していますがWindowsでも同様の操作です。

ファイルメニュー

iTunes014.png

ファイルメニューでは、プレイリストを作成したりライブラリの管理、情報を見るなどができます。
メニューを開くと右側にショートカットキーが表示されていますので、覚えてしまうと次回使う時に便利です。

情報を見る

例えば『情報を見る』というのは、頻繁に使う機能ですので、command+Iでも表示する事ができます。
ここから簡単に、楽曲の情報を変更する事ができます。

iTunes0141.png

command+Iで情報を表示すると概要が表示されます。
例えば、この曲の曲名や歌手名などの情報を変更したい時は『情報』タブをクリックします。

iTunes0142.png

名前で曲名、アーティストでアーティスト名など、情報を変更できます。
アルバムアートワークを変更したい時は『アートワーク』タブをクリックします。

iTunes0143.png

ここでは、既にアートワークが表示されていますが、このアートワークの表示されているところにドロップ&ドラッグするだけで簡単に入れる事ができます。

重複するものを表示

iTunes内に同じ曲名のものがある時に表示する事ができます。
曲数が多くなってくると、同じ曲が入っていたりする事もありますので、たまにこういったところで確認しておくのもいいでしょう。

もし重複している曲が不要な場合は簡単に削除する事ができます。

iTunes0144.png

コンテクストメニュー(右クリック・control+クリック)を表示すると削除をすることができます。
もしくは単純にdeleteでも削除ができます。

iTunes0145.png

削除する時は、ファイルを保持してiTunes内から削除するのか、ファイルもゴミ箱に入れてしまうのかを選択できます。
基本的に重複しているものはゴミ箱に入れてしまっても問題ないでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。